メンテナンス方法

  • 掃除は毎日することをお勧めしますが、燃焼時間、燃料、燃焼具合によって灰の発生する量が異なりますので、燃焼バーナーの底の穴がきちんと開いていることを確認して下さい。
  • 日常の点検・お手入れとは別に1~2シーズンに1回程度の定期点検が必要です。(本体のオーバーホール及び排気筒内の掃除)
例)EF3BiFS

点検・お手入れメニュー

温風送風用パイプの掃除

温風送風用パイプの掃除 イメージ
  • 燃焼室内上部の板を取り外します。
    次のステップ
  • 温風吹出口にあるクリーニングロッドにつまみ(黒い球)を付けた後、クリーニングロッドを前後に動かし、温風送風パイプを掃除してください。
    クリーニングロッドと連動した板がパイプに付着した灰を払い落します。
    次のステップ
  • クリーニングロッドは燃焼中、消火直後に触れるとやけどします。温風送風用パイプを掃除するときは、本体が冷めているときに行ってください。
    また、扉は必ず閉めて行ってください。灰が室内に出てきます。温風送風用パイプの掃除後つまみは取り外してください。温風の熱で変形します。

燃焼室内の掃除

灰の発生量は使用時間、燃料の質、燃焼状態によって異なります。
使用前に燃焼バーナーを見て、燃焼バーナーの底の穴がきちんと開いていることを確認して下さい。穴が開いている場合はそのままお使いください。
穴が塞がりかけている、または穴が塞がっている場合には以下の通り燃焼室内の掃除を行ってください。
着火ミス、燃焼不良の原因となります。

  • 燃焼室内の掃除 イメージ

    燃焼バーナーに溜った灰。ほとんどの穴が塞がっている。このような状態になっていたら、必ず掃除を行ってください。

  • 燃焼室内の掃除 イメージ

    燃焼バーナーに灰が溜っていたら、掃除用ホウキで燃焼バーナー受けに落として下さい。

  • 燃焼室内の掃除 イメージ

    燃焼バーナーにクリンカ(灰の塊)が生成していたら、燃焼バーナーを取り出し、ヘラ棒にてクリンカを取り除きます。

  • 燃焼室内の掃除 イメージ

    燃焼バーナー受けに灰が溜っていたら、燃焼バーナー受けを取り外し灰を処分します。

  • 燃焼室内の掃除 イメージ

    燃焼室ロストルに灰が溜っていたら、掃除用ホウキで灰をロストルの隙間から灰トレイに落とします。

  • 燃焼室内の掃除 イメージ

    ガラス面はススや灰が付着して汚れます。かたくしぼった雑巾等で拭き取ってください。ガラス面を拭くときは、消火直後等のガラス面の温度が高い時には行わないでください。ガラスにヒビが入り、割れることがあります。また、すぐにガラス面にススや灰が頻繁に付着するようであれば、燃焼室内側のガラス面と扉の隙間に灰が溜っていることがあるので、掃除用ホウキや掃除機で取り除いてください。

灰トレイの灰の除去

灰トレイに灰が溜っていたら処分して下さい。
灰を処分し終えたら、確実に元の位置に戻してください。
着火ミスや燃焼不良の原因となります。

※ロックは確実に

灰トレイの灰の除去 イメージ

※PE-8、MCZは除去の方法が異なります。

燃料タンクの掃除
燃料タンクにペレット燃料の粉が溜っていたら、掃除機等で取り除いてください。粉が溜ったままの状態で使用すると、ペレット燃料が燃焼バーナーへ供給されにくくなり、着火ミス、燃焼不良、火力が大きくならない等の原因となります。
燃料タンクの掃除 イメージ

※詳細は取扱い説明書をご確認ください。

定期メンテナンス

1シーズンに1回程度の定期点検が必要となります。
お近くの販売代理店にご相談ください。