機器比較・CO2排出量比較

  • ・炎が見える暖房器である。
  • ・燃料の材料が木(バイオマス燃料)なので、CO2排出量が少ない。手にとってもニオイがない。
  • ・排気筒、煙突を設置するので、室内の空気が汚れない。
  • ボタン一つで点火&火力調整&消火が可能。
  • 施工自体が容易。
  • 消火時間が早いので、出かける際の待ち時間が少なくてすむ。
  • 温まる箇所がほぼ前面のみなので、床や壁面を耐火構造にすることが少ない。
  • 燃焼時の煙が少ない。
  • 排気筒や本体のメンテナンスが比較的容易。
  • コードレスで使用できる。
  • 薪自体、ユーザーで調達することが可能。(ただし、使えるまで1年間寝かす必要あり)
  • 停電しても使用できる。
  • ストーブの上に鍋ややかんをのせて簡易的な調理が可能。
  • 一度暖まるとさめにくくなり、遠赤外線暖房が可能。
  • 故障が少ない。
  • 電気系統の故障がありうる。
  • 商用電源(AC100V)使用につき、停電すると、使用不可となる。
  • 木質ペレットの入手ルートが限定的。
  • 温風が出てくるので、音がすると、不快に感じることもあり得る。
  • 着火剤が不可欠。
  • 煙突工事が大がかり。費用も高い。
  • 場合によっては、煙突から炎道火災もあり得る。
  • 薪のコストが高い。
  • 本体が冷めにくい故、消火も消え難い。
  • 壁面や床を耐火構造・難燃構造にする必要がある。
  • 煙突掃除が面倒。大がかりなものとなる。
  • 燃焼時煙がでることがあり、近隣に家があるところには不向き。

PAGE TOP

機器あたりのCO2排出量比較

暖房器機種別 ペレットストーブ
ペレットMini-A
石油ストーブ
T社製
エアコン
M社製
ガスファンヒーター
T社製
暖房能力 5.0kW 5.62kW 6.3kW 5.8kW
適用畳数(コンクリート建築) 20畳 20畳 19~21畳 21畳
使用燃料 木質ペレット 灯油 電気 都市ガス
最大燃料消費量 1.4kg/h 0.546L/h *** 0.47・3/h※3
最大消費電力 130W 0W 1390W 20W
一日のCO2排出量※1 一日のCO2排出量
  • ※1 (8時間使用の条件で、)「京都府地球温暖化防止活動推進センター」の排出係数を基準に算出
  • ※2 「京都議定書」において、植物由来のCO2は循環性が強いとみなし、燃焼時のCO2排出量は計算しないルールとされています。(「カーボンニュートラル」の考え)
  • ※3 暖房能力×860÷10500(都市ガスの発熱係数)にて算出
  • 注)電気の場合、発電所から家庭にいきわたるまでの送電ロスがあるので、CO2排出量は数値より何割かは多く見積もる必要があります。(都市ガスはほぼロス無し)